製造業コンサルティングで日本のものづくりに貢献します

加工業の売上と利益を上げる、シンプルな考え方

「この不景気っていつまで続くんですか?」
「来年には景気って戻りますかね?」
「調子のいい業界ってないんですか?」
「他社はどんな状況ですか?」

いよいよ不況の足音が近づいてきており、
ここ数か月は特に、上記のような質問を
頻繁に頂くようになってきました。

これは皆さんの受注や売上に翳りが出てきた、
ということに他なりませんし、やはり、

「売上を戻したい、安定させたい」
「赤字にならないようにしたい」

という思いが非常に強くなってきていると
感じています。

そこで本日は、

では、何をすればいいのか?

という事を、皆さんと一緒に考えて
いきたいと思います。

 

船井総研は、お付き合いする企業様の
業績アップのサポートを行う役目であり、
様々な側面からお手伝いをしています。

受託型製造業や機械工具商社の企業には、
たとえばマーケティング、営業、採用から
生産性向上、評価・賃金、技術開発などに加え
昨今ではRPAまでサポートさせて頂いていており、
多岐に渡っています。

もちろんこれを全部やればいいのですが、
それは、現実的ではありません。

つまり、まず重要なことは、

やった方がいいこと と 
やらなければならないこと を 分ける

ことです。

 

とにかく売上・利益を上げたい、という企業は、
それを達成するために「本当にやらなければならない事」を
見極める必要があります。
そして「やった方がいい」程度のことは、
思い切って捨てる(=取り組まない)ことが、とても大事です。

そして次に重要なのは、
その「本当にやらなければならない事」を

多くても3つまでに絞り、
決めたことはとことんやり切る

ことです。

取り組みをスタートさせると、
どうしてもあれもこれも・・・となってしまいますが、
多すぎると力が分散してしまいますし、結局すべてが
中途半端になる可能性が高くなります。

一方で、このような不況下においても
健闘している企業の特徴は、概して、

自社の業績を伸ばす・安定させるキモを押さえ、
それに取り組み、とことん追求し続けている

傾向にあるのです。

ここまで概念的なことを述べてきましたが、
実は、船井総研がさまざまな経営者様から
ご相談をお受けする中で感じるのは、

やりたい事、達成したいことがかなり明確なのに、
それを解決するための行動が明確になっていない、
あるいは少しズレが生じている、ということが
少なからずある、ということです。

力を入れるポイントがずれてしまうと、
せっかくの取り組みもムダになってしまいますが、
一方で、しっかりキモを押さえれば、少しの力で
大きな成果を上げることができるのです。

そこで船井総研では、年末から年始にかけて、
上記のような悩みを持つ製造業の皆様にお役に
立つべく、各種セミナーを企画しています。
ご興味のある方は、ぜひ下記をチェックしてみてください。

 

▼板金加工業のみなさま
 2019年12月12日(木)@東京、12月18日(水)@大阪
 セミナーご案内ページはこちら
 https://lpsec.funaisoken.co.jp/factory-business/053349_lp/
 ※本セミナーは終了いたしました。

 

▼セットメーカーのみなさま
 2020年1月29日(水)@東京
 セミナーご案内ページは、近日中に公開

 

▼機械加工業のみなさま
 2020年1月30日(木)@東京、2月6日(木)@大阪
  セミナーご案内ページは、こちら
 https://lpsec.funaisoken.co.jp/factory-business/053842_lp/


CONTACT講演・研修・コンサルティングの
お問い合わせはこちら

指名のコンサルタントがいる場合は、窓口担当者へお伝え下さい。
指名のない場合は、想定されているテーマをお聞かせ下さい。

製造業 経営レポート 無料メルマガ登録