製造業コンサルティングで日本のものづくりに貢献します

実況中継 1

【開催レポート】金属加工業ための自動車業界依存脱却セミナー

髙野 雄輔

髙野 雄輔

更新日:2016.04.25


2016年4月16日(土) このセミナーについて>>

2016年4月16日(土)@ウィンクあいち
『金属加工業ための自動車業界依存脱却セミナー』をウィンクあいちにて開催し、多くの経営者様にお集まりいただきました。

第1講座では、『金属加工業を取り巻く、自動車業界のトレンドと成長マーケットの可能性』と題しまして、船井総合研究所 ファクトリービジネスグループ チームリーダー 高野雄輔よりお話をさせていただきました。
(以下:高野の講演より抜粋)
自動車業界の統計データを見ると、世界的な市場は今後も伸びていくと予想されています。しかし、国内市場に目を向けると人口の減少に伴う販売台数の減少が予想されており、このまま日本メーカーが国内で自動車を生産し続けるかと言えば疑問であり、自動車業界で仕事をしている受託加工業者の皆様はなんらかの対策が必要であると言えます。
方法としては
①自動車マーケットを求め海外進出
②国内で他の業界に目を向ける進出
の2つが上げられます。そこで、本セミナーでは国内市場で生き残るために、自動車業界から他業界への参入に成功された阿智精機様の取組みについて、また、船井総合研究所が提案するWEBサイト立ち上げによる新市場参入についてお話をさせて頂きます。
講座内では、統計データを元に国内で生き残る為にターゲットとすべき市場に関して、お話をさせて頂きました。

 

 

第2講座では、『株式会社阿智精機の取り組み』と題しまして、株式会社阿智精機 代表取締役 熊谷雄一氏よりご講演をいただきました。

 

 

阿智精機様は、5~10年前までは自動車業界を中心に仕事をされており、売り上げの90%を自動車業界に依存している状況となっていました。しかし、リーマンショックの時期に入ると仕事が激減し、このままでは倒産してしまう状況にまで追い込まれました。そのほかにも様々な出来事が起きたことで、社会の役に立てる製品に関わる仕事をしたいと考えられ、他の業界への転換を決意されました。自社サイトの立上げ、展示会出展、営業を行い、ある企業から、部品加工~組立まで一括で行う案件を獲得し、そこを切り口に現在では、医療、食品、薬剤関連のユニット受注に成功され、大きく業績を伸ばされました。

講演内では、当時の状況や社内での出来事もお話いただき、どのような考えの元、行動を起こされたのか具体的にお話をいただきました。

 

第3講座では、『たった90日で成長マーケットに参入し、新規顧客を開拓するノウハウ大公開』等テーマで船井総合研究所 山崎悠よりお伝えさせていただきました。
(以下:山崎の講演より抜粋)

 

 

これまで、多くの金属加工業の方々に対して、WEBサイトを用いた新規顧客開拓、他業種への参入を支援してきました。これらのサイトの中には、大きく成功したモノ、試行錯誤した結果引き合いを獲得したモノ等があります。
成功したサイトというのは、以下の6つのポイントを押さえたサイトです。
①PULL型営業
②中堅・大手企業を狙う。
③自社の価値を認めてくれる技術部門を狙う。
④スポット取引ではなく、ベースとなるリピートを狙う。
⑤自社の強みが生きる仕事を見極める。
⑥独自技術の開発、メーカー化につなげる。

また、これらのポイントを抑え、集客に成功したサイトは大きく3つのパターンに分類することができ、自社の強みに合うサイトの型を用いて情報発信することが重要となります。

セミナー内ではサイトの型についてマーケティングにおけるポイントとの対応をお見せしながら、どこがポイントとなっているのか、お話いたしました。

 

まとめ講座では、『あなたの会社の未来のために、すぐに取り組んで欲しいこと』と題しまして、船井総合研究所 高野雄輔よりお伝えさせて頂きました。
(以下:高野の講演より抜粋)

 

 

自動車業界だけに関わらず、世界市場の動きをみると今は転換期であると言え、不況下に突入する兆候が多くの場面で見られています。そのような状況下で、受託加工業の皆様に取り組んでいただきたいことは、船井総研 創業者 船井幸雄が言っていた利益原則
利益 = 一番商品 × 品揃え × 主導権 × 一体性
に則って自社を分析し、どこを目指し、どう見せるのかを考えて頂くことです。
自社の強みがどこにあるのか、何で一番になれるのかを明確に設定し、ターゲットを見定め、情報発信をすることが国内市場で生き残る道であると言えます。
そのためにも、まずは目標と手段を決め、小さなステップでも構わないので、すぐに動きだしていただきたいと考えています。

講演内では、利益原則に則り、自社の状況を書きだしていただき、何に取り組むべきなのか一緒に考えて頂きながら、今後の日本市場について事例を交えてお話をさせて頂きました。

本セミナーから1つでも取り入れて頂くことがありましたら幸甚です。

また、ゲスト講師である阿智精機様、その他成功事例としてご紹介させて頂きました多くの成功事例企業様が入会されている、ファクトリービジネス研究会 部品加工業経営部会では、初回参加の方のみ無料お試し参加を承っております。ご希望の方は下記URLからお申込み下さい。
https://www.funaisoken.co.jp/form/study/index.html?gyoumu_no=100567000000


CONTACT講演・研修・コンサルティングの
お問い合わせはこちら

指名のコンサルタントがいる場合は、窓口担当者へお伝え下さい。
指名のない場合は、想定されているテーマをお聞かせ下さい。

製造業 経営レポート 無料メルマガ登録