製造業コンサルティングで日本のものづくりに貢献します

実況中継 1

【実況中継】ばね製造業 経営者セミナー(No.315462)

髙野 雄輔

髙野 雄輔

更新日:2015.07.09

『ばね製造業 経営者セミナー』が株式会社 船井総合研究所の五反田オフィス セミナールームAにて開催されました。

ばね製造業の方を中心に8社、9名の経営者の方々にご参加いただきました。

イントロダクションでは、株式会社船井総合研究所 高野雄輔より部品加工業を取り巻く環境と、有限会社 中里スプリング製作所様のご紹介という内容でお話させていただきました。

現在のばね製造業には経営上の問題点として、2つのものがあげられます。1つ目は、多くの企業が取引相手の業界に偏りがあり、一社依存の傾向が強くなっていることです。2つ目の要因については、これまで扱っていた量産品の多くが海外生産へと流れていることにあります。この結果、1社の動向により経営状態が大きく左右される、もしくは大手からの仕事が減っていくことが予想されます。しかし、昨年から円安などの影響で市況が良く仕事が多く来ており、人員の問題で打開策を打つことが難しい状況にあります。そこで、今回のセミナーでは、成功事例企業として、ばね製造業で1社依存、量産品頼みの状況から脱却することに成功した有限会社 中里スプリング製作所 中里社長様から、お話を伺うことになりました。

第1講座では、有限会社 中里スプリング製作所 代表取締役社長 中里 良一 様に、独自ビジネスモデルで差別化を図る取組みについてご講演いただきました。(以下:中里社長の講演内容抜粋)

『入社した当時、会社の状態は悪化しており、生産性が低く、大手の第5、6次下請けという取引が中心という状態にありました。そこで、まず、社内において、残業の廃止による時間の意識づけを行い、生産性の向上を実現しました。一方で、社外に対しては、営業ツールの作成、製造業の中でもニッチ分野に特化した設備の投入、特殊材加工への業態変化、等を行い、新規開拓を試みました。結果として、現在では、47都道府県1700社以上の取引口座を持つことができ、安定的な経営を実現できています。』

これ以外にも中里社長からは独自の経営に関する考え方などをお伝えいただきました。さらに質疑応答では、セミナーに参加された2、3代目の社長様から、町工場の経営者として、社員との関係性の構築の仕方や、2代目、3代目経営者としての心構え、勉強の仕方等のご質問があり、中里社長からお答えいただきました。

第二講座では、『これだけ!ばね製造業が取り組むべき利益を生み出すためのマーケティング』と題しまして、株式会社船井総合研究所 高野雄輔よりお送りいたしました。

以下、高野のパートで話した内容の一部をご紹介します。

『現在の市況は、景気が良く、仕事が多くある状況です。しかし、今後の不透明性は高く、1社、1業界への依存度が高い企業の経営ほど顧客の影響を受けやすくなります。そこで、今、実施すべきはPULL型営業の仕組みづくりです。そのためには、自社の強みを生かし、ターゲットを絞り、顧客に提供できるメリットを「見える化」し情報発信を行うことが求められます。これらを満たすツールとして、WEBサイト構築すなわちソリューションサイトを立ち上げ、その中でVE提案事例や加工事例・あるいは技術情報を載せる事で、自社の強みを前面に押し出しつつ顧客に対するメリットを訴求することができます。』

その他にも、講座内では製作したサイトを如何に上位表示させるかの手法や、営業ツールとしても活用可能なハンドブックの作成等についてもお伝えいたしました。

第三講座は『本日のまとめ』と題しまして、株式会社船井総合研究所 片山和也よりお送りいたしました。

以下、片山よりお伝えいたしました内容の一部をご紹介します。

『昨年から続く現在の好景気は、一部の業界では4月ごろから陰りが見え始めている所もあります。さらに景気サイクルを考えると、来年の消費税増税の時期には状況が変化していることも予想されます。その中で今、経営者が考えておくべきことは、①不況対策、②デフレ対策、③社内教育があげられます。その中でも不況対策はもっとも重要です。具体的には、不況になっても永続的・安定的な経営が実現できるよう、商圏拡大、大手ユーザーへのアプローチを実施するべきで、その手段として第三講座にてソリューションサイトをご紹介いたしました。現在は、仕事は多いですが、利益の低い取引も多くあるはずです。忙しい今、より生産性の高い取引が安定的に得られるように対策を打つことをお薦めいたします。』

船井総合研究所では、この「ばね製造業 経営者セミナー」のほかにも、部品加工業の経営者様向けのセミナーを開催しています。ご興味のあるかたは、本サイト「ファクトリービジネス.com」の中のセミナー情報 http://factory-business.com/seminar/ をご確認ください。


CONTACT講演・研修・コンサルティングの
お問い合わせはこちら

指名のコンサルタントがいる場合は、窓口担当者へお伝え下さい。
指名のない場合は、想定されているテーマをお聞かせ下さい。

製造業 経営レポート 無料メルマガ登録