本セミナーで学べるポイント

本当に攻めるべき優良顧客・決定権を持つキーパーソンを攻める営業体制ができる!
従来のルートセールスにありがちな「成り行き営業」から脱却して、営業の生産性を飛躍的に高めます。

営業社員を増やすことなく、今までの4~5倍の顧客に対応できる!
営業担当が「属人スキル」で行ってきた仕事をデジタル化により分業・効率化します。

加工品・工事・エンジニアリングの引き合いが増え、差別化された利益率アップが実現できる!
地域密着商社ならではの差別化商材を増やすことが自社の高収益化(利益率UP)につながります。

WEBからの
お申し込みはコチラ
セミナーDMの
ダウンロードはコチラ

機械工具商社業界での成功事例

【1】機械工具商社S社(伝導主体・従業員25名)
7年間で年商8億円から年商21億円に!

リーマン・ショック後、従来メイン取引先であった大口顧客が工場移転のため、このままでは売上が激減する事が判明。従来の属人的な営業活動に依存しない、ダイレクト・マーケティングの手法を導入することを決意しました。起死回生で出店した新規営業所と開拓システムが成功し、その後のM&Aも成功し、7年間で売上は2倍以上になりました。

【2】機械工具商社N社(切削主体・従業員数18名)
7年間で年商7億円から年商17億円に!

地域販売店の中でも4~5番手だった同社は、今後の生き残りもかけて同エリアの中でもトップグループに入ることを決意。ルートのしばりが厳しい標準品ではなく、数字を作りやすい部品加工ビジネス、中古機械ビジネスに外部リソースを活用して参入。デジタル・マーケティングの手法も駆使して、やはり7年間で年商を2倍以上に伸ばしました。

【3】機械工具商社F社(伝導主体・従業員数9名)
社員わずか8名でも2年間で15社もの中堅・大手優良顧客の取引口座獲得!

大都市圏近郊で、少人数で堅実な経営を続けてきた同社。しかし事業承継を機に、今後も組織として永続的に成長できるビジネスモデルを作るべく、デジタル・マーケティングの導入に着手。それまで新規開拓の経験は0でありながら、1回のセミナーで100名を超える見込み客を獲得。その後のデジタルを活用した新規開拓も功を奏し、2年間で15社もの上場会社クラスの新規開拓を行うことが出来た。

【4】機械工具商社S社(工具機械主体・従業員数27名)
工事・メンテ・加工への多角化で年商17億円から年商30億円に!

もともと工作機械および切削工具をメインとしていた同社。景気に大きく左右される工作機械と、ネット販売の影響でジリジリと利益率の下がる切削工具に危機感を感じ、デジタル・マーケティングを導入。合わせて工事・メンテ・部品加工に本格的に取り組み、こうした取り組みも功を奏して年商はリーマン・ショック前、バブル崩壊前を大きく上回るレベルに成長した。

このような経営者の方にぜひお越しいただきたい!

  • 一人あたりの利益を増やして生産性を高めたい
  • 今から不況対策のための手を打っておきたい
  • EDI・集中購買・卸/メーカー直売への対抗策を持ちたい
  • 自社を大きく成長させたいと思っている
  • 商圏内の同業販売店が持っていない独自のビジネスモデルを作りたい

セミナーの詳細

機械工具商社経営セミナー
(セミナー番号:S038809)

日程◆【大阪】2018年12月14日(金)/【東京】2018年12月20日(木)
時間◆13:00~16:30(受付開始12:30~)
場所◆株式会社船井総合研究所 大阪本社 / 株式会社船井総合研究所 五反田オフィス
料金◆一般企業:30,000円 (税込 32,400円)/1名様
   会員企業:24,000円 (税込 25,920円)/1名様
※ご入金の際は、税込金額でのお振り込みをお願い致します。
※会員企業様とはFUNAIメンバーズPlus各業種別研究会にご入会中の企業様です。

お振込先について◆
三井住友銀行(0009)近畿第一支店(974)普通預金 口座番号:5785890
受取人名:カ)フナイソウゴウケンキユウシヨ セミナーグチ
第1講座
13:00~13:15
地域密着型「機械工具商社」がデジタル・AI時代をチャンスに変えるために必要なこと
株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 片山和也 
第2講座
13:15~14:15
リーマン・ショック前と比較して年商2倍(年商14.7億 → 年商29億)に成長した、我が社の地域密着デジタルシフト戦略
K・マシン株式会社 代表取締役 菊井健作氏
第3講座
14:15~15:45
人を増やさず利益を増やす、ビジネスモデルのつくり方
~地域密着型「機械工具商社」は営業のデジタル化で儲けよう!~

株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 片山和也 
株式会社船井総合研究所 澤田知輝 
第4講座
16:00~16:30
地域密着型「機械工具商社」社長が明日からすぐに取り組んでほしいこと
株式会社船井総合研究所 上席コンサルタント 片山和也 

申し込みに関する問い合わせ◆時田
内容に関する問い合わせ◆澤田
お問い合わせ電話番号:0120-964-000(平日09:30~17:30)

講師紹介

K・マシン株式会社 代表取締役
菊井 健作氏

京都市に本社を置く、地域密着型の機械工具商社。社員数37名の地域中堅の規模ながら、ここ10年間で業績を約2倍に伸ばしていいる。営業面・業績面ともにデジタルをいち早く導入しており、大きな成果を上げている。同社のホームページは毎月20件前後の引き合いが発生しており、また同社が開発した自社オリジナルの販売管理システムは、業務社員の残業を大幅に削減するなどの成果を上げている。日本の機械工具商社業界を代表するベテラン経営者の1人である。

株式会社船井総合研究所 第三経営支援本部 上席コンサルタント
片山 和也

ファクトリービジネス研究会 機械工具商社経営部会を主宰。大手専門商社を経て船井総合研究所に入社。15年以上にわたり地域密着型機械工具商社(販売員)の業績アップコンサルティングを手掛ける。
従業委員10名前後の販売店から、従業員100名を超える地域一番店クラスの商社まで、そのクライアントは幅広い。成熟期の同業界の中で年商を2~3倍に成長させるコンサルティングなど、成功事例も多数。
主な著書に「生産財営業の法則100(同文舘出版)」「営業マネジャーの教科書(ダイヤモンド社)」「法人営業のズバリ・ソリューション(ダイヤモンド社)」等がある。著書多数。岡山県出身。

株式会社船井総合研究所 第三経営支援本部 エネルギー・IoTグループ
澤田 知輝

多種多様な製造業が集積する京都府出身。京都大学法学部卒業後、大手化学メーカーを経て船井総合研究所に入社。入社後は一貫して生産財業界での業績アップコンサルティングを手掛ける。
マーケティング・オートメーションに代表される、デジタル・マーケティングのエキスパート。
地域密着型機械工具商社(販売店)に対してのマーケティング・オートメーション導入については、船井総合研究所の中でもその実績はトップクラスである。

12月14日(金)の
お申し込みはコチラ
12月20日(木)の
お申し込みはコチラ
セミナーDMの
ダウンロードはコチラ

その他のセミナー情報をお知りになりたい方へ

メルマガ登録 イメージ

船井総研「製造業」経営レポートでは最新の業界情報に加え、船井総合研究所にて開催される人気セミナー情報についても配信しております。これを機にぜひ無料購読いただきますよう、お願いいたします。

WEBからのお申し込みはコチラ
お電話でのお問い合わせ