【生産管理のポイント】9・生産管理の構成要素

わかりやすい!生産管理のポイント

9・生産管理の構成要素

生産管理は大きく2つの管理に分類される

QCDの向上に直接対応する第1次管理

さて、生産管理の目的はQCD(品質・コスト・納期)を向上させることにあります。
このQCDの向上に対応する管理のことを、第1次管理といいます。

第1次管理とは、「品質管理」「原価管理」「工程管理」のことです。

生産の基本機能と構成要素に対応する第2次管理

また、生産の基本機能と構成要素に対応するのが第2次管理です。

前のページで製造業における基本機能は 設計⇒調達⇒作業 であると述べました。これら製造業の基本機能に対応する管理のことを「設計管理」「資材購買管理」「作業管理」といいます。

さらに製造業の構成要素はMan(生産主体)、Material(生産対象)、Machine(生産手段)であり、よく3Mといわれます。この3Mに対応する管理が「作業管理」「在庫管理」「設備管理」です。

この様に生産管理は大きく2つに分類され、細かく9つの管理に分類されることがわかります。

それでは、次のページからこれらの管理についてそれぞれ述べていきたいと思います。

 

出典元書籍:ぐるっと! 生産管理(すばる舎リンケージ)  片山 和也 (著)

<<目次に戻る