【生産管理のポイント】34・5Sとは

わかりやすい!生産管理のポイント

34・5Sとは

製造業で最も重要な取り組みの一つが5S

5Sとは5つのSに取り組む小集団活動!

“製造業といえば5S”といっても良いくらい、多くの工場で小集団活動のテーマとして取りあげられています。前述のTPMを実現する上でも、5Sは重要な取組みです。

5Sとは、
 ・整理(=要らないものを捨てる)
 ・整頓(=置き場所を決める)
 ・清掃(=きれいにする)
 ・清潔(=きれいな状態を維持する)
 ・躾(=しつけ:教育のこと)
の頭文字を取ったものです。
こうした5Sに取り組む小集団活動のことを5S活動といいます。

5Sで得られる効果とは?

5Sに取り組むことで得られる効果としては、次の様なことが挙げられます。

①モノを探し回る時間が減って生産効率のアップにつながる
②不要な在庫が減りコストダウンにつながる
③従業員の意識が高まる
④現場がピカピカになることで、取引先の好感度アップにつながる
⑤担当者の引継ぎがスムーズになる
⑥ミスや労災が減少する
⑦快適な職場環境が実現する

なお、5Sのうち最初の3つのSに取り組む活動のことを3S活動といいます。会社によっては3S活動を全社で取り組んでいるケースもあります。

 

出典元書籍:ぐるっと! 生産管理(すばる舎リンケージ)  片山 和也 (著) amazonで購入>>

<<目次に戻る