【生産管理のポイント】1・生産管理の定義

わかりやすい!生産管理のポイント

1・生産管理の定義

製造業の目的はQCDを向上させること!

まず生産管理の定義をお話する前に、そもそも製造業の目的についてお話したいと思います。
製造業の目的とはズバリ、QCDを向上させることにあります。
QCDとは・・
Q:クオリティ 品質
C:コスト 原価
D:デリバリー 納期(リードタイム)
つまり品質を上げ、原価を下げ、そして納期(リードタイム)を短縮することこそが、製造業の根本的な目的であり、普遍的な原理原則です(ちなみにリードタイムというのは、製品が完成するまでにかかった時間のことをいいます)。

従って生産管理も、このQCDを向上させる効果が得られなければなりません。

PDCAが回らないと、仕事の質は向上しない!

そして、このQCDを向上させる為にPDCAサイクルを回す仕組みのことを生産管理といいます。

PDCAサイクルとは・・・
P:プラン 計画
D:ドゥ 実行
C:チェック 検証
A:アクション 改善
という、一連のサイクルを回していくことです。
仕事の質を上げる為には、このPDCAサイクルを回すことが必須です。まずは計画を立て、その計画に沿って実行し、実行した結果を検証し、改善すべき点を改善して新たな計画を立てる・・・ というサイクルをずっと回していくのです。

つまり、生産管理の定義をまとめると・・・

「QCDの向上を目的に、PDCAサイクルを回していくこと」

ということになります。
 

出典元書籍:ぐるっと! 生産管理(すばる舎リンケージ)  片山 和也 (著)

<<目次に戻る