製造業コンサルティングで日本のものづくりに貢献します

“ググる”が当たり前になった時代に、製造業が取り組むべきWEBマーケティング

先日、高校生向け国語辞典「三省堂現代新国語辞典(第6版)」に「ググる」、「バズる」などのネットスラングが多く収録された。とニュースになっていました。

私が社会人になったばかりの頃(ほんの4~5年前ですが)、分からないことをグーグルで検索をするということはあまり、良いとはされず、モノを知らない若者という印象を与える行為でした。

しかし、ここ数年のスマートフォンの普及などに伴い、WEBが身近なものとなり、 まずはグーグル先生に聞きなさいということが日常的に言われるようになってきました。

また、製造業においても 「産業機械・工業資材の購買行動において70~80%強が、インターネットを用いて実際の購買の前に2社(2ブランド)以上の情報収集を行っていることが明らかになっています。」
先日の本メールマガジンVol.43 “「商談前に6割 商談が終わってしまう」時代のマーケティング”参照 といった時代となっています。

つまり、今の時代、我々製造業で顧客から「ググられる」ことを意識できていない企業は時代遅れであり、自ら機会損失を生み出していると言えるのです。

そこで、今回から3回に分けて、船井総研がご提案している 「製造業におけるマーケティング活動」について、改めてご説明をしたいと思います。

今回は、第1回ということで
「 船井総研が現在、提案している製造業マーケティングの大まかな流れ」
についてご説明をします。

《船井総研が現在、提案している製造業マーケティング》

製造業のマーケティング活動というと、リアルの場で行われる ・JIMTOFをはじめとする大型の展示会出展

ネットの場で行われる ・WEBサイトを用いたマーケティング ・イプロス・NCネットワークなどのポータルサイトを掲載・メールマガジン

などがあります。

 これらの活動は、船井総研でも2010年ごろから提案を行っており、多くの企業様に導入していただきました。

その結果、展示会やネットを活かしたマーケティング活動を全く知らないという企業様・経営者様は、ここ2~3年でお会いすることが、まず、なくなりました。

これは、裏を返せば、展示会にでる、WEBを作るというのはどの企業でも取り組んでおり、それだけでは効果を出すことが難しくなったとも言えるのです。

その中で、船井総研が”現在”提案をしているのが、

・より自社の特徴を活かし、(差別化を図るために)
 ”何を作れるのか?”を明確にした、特注メーカー化サイト

・ネットとリアルをミックスさせ、より効率的な情報収集・新規開拓を実現する
 デジタルツールを活かしたデジタル営業

という2点です。

この2つは、別の2つの手法というわけではなく、これまで別々で考えられていたリアルとネットをつなげ、

(1)自社が何を作れるのか?という製品を軸とした考え方(コンセプト)を持ち、
(2)そのコンセプトをネット・リアル世界の両方で発信し、
(3)新規顧客・見込み顧客という生け簀を作り、そこから情報を集めていく

という手法となります。

実際に、この手法を導入することで下記のような現状が改善され、メリットを得ることができます。

【現状(1)】
・同業者からの特急品の対応依頼
・未来を見据えた情報ではない案件、ここ2~3か月の今すぐ案件ばかりが集まっていた状況

【導入後のメリット(1)】
ある特定の加工品の”メーカー“としてのポジションを確立し、その加工品を軸とした、有益な情報(未来への仕掛けを見定めることができる情報)の収集・有望な顧客と接点を持つことができる。

【現状(2)】
営業担当者が1件1件訪問、もしくは電話などリアルでの接点しか作れていなかった為、顧客数も限られ、情報も少ない。

【導入後のメリット(2)】
過去に接点のあった顧客すべてに対してメールマガジンやネットを駆使し、断続的に接点を持つことで収集し、より少ない工数(人手)でより多くの顧客と接点を持ち、有益な情報の収集ができる。

このマーケティング手法というのは、ここ2~3年で提案している内容となります。
実際にこの手法を取り入れ、その情報を基に投資判断を行い、成長マーケットに飛び込んでいる事例企業様も数多く存在しています。

メリット(1)はもちろん、忙しい今だからこそ、メリット(2)にあるように、これまで通りの工数・人の手のかけ方というのを考え直し、デジタルツールを導入した取り組みが大切であると言えるでしょう。

今回は、マーケティングの内容と大まかなメリットについて御伝えをしましたが、次回以降はどのように進めるのか?という実弾レベルでのお話をします。

~第2回「特注メーカー化における考え方と、コンセプトメイキングにおけるSTEP」について、次回に続く~


CONTACT講演・研修・コンサルティングの
お問い合わせはこちら

指名のコンサルタントがいる場合は、窓口担当者へお伝え下さい。
指名のない場合は、想定されているテーマをお聞かせ下さい。

製造業 経営レポート 無料メルマガ登録